総合TOP>Dali(ダリ―)発寒南店/美容院(美容室)>白髪染め>白髪染めでキレイを保つには、やはりヘアサロンが一番。

白髪染めでキレイを保つには、やはりヘアサロンが一番。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪染めでキレイを保つには、やはりヘアサロンが一番。

みなさん、こんにちは。札幌のヘアサロン「Dali発寒南店」内田です。


本日のテーマは【白髪染め】。市販品も多く出回っておりますが、ヘアサロンでの白髪染めをやはりおすすめしたい。

そんなお話です(#^.^#)


白髪染めでは刺激が強く髪が傷むの? 植物性のカラーでは染まらない? など疑問があると思います。
「まだ、白髪なんてないよ」方も、「若白髪に悩んでいる」方も、「ヘアサロンで白髪染めしようかな」とお考えの白髪染めユーザーの方も、ぜひお読みください。


1、そもそもなぜ、白髪は出来るのか?

白髪が生えてしまう原因を皆さんご存知でしょうか。


実は…分かっておりません! 人によって原因が様々に違うからです。

老化、遺伝、生活習慣の乱れ… ストレス過多… 加齢… でも若白髪もあります。

風邪を完全に治す薬が今だ開発されていないのと同じなので、複数の原因と思われる可能性にアプローチするしかないのです。(生活習慣の改善、頭皮ケアなど)


◎白髪のメカニズム

白髪になる要因(メカニズム)は、髪を色づけるメラニン色素がなくなってしまうことです。
実はもともと、髪の毛は白い色で生えてくるので、メラニンが不足すると十分な色付ができなくなって白髪になってしまいます。


30代後半から現れる白髪はたいてい加齢によるもので、メラニンを生成するメラノサイトという色素細胞の働きが衰えることがその原因です。白髪は遺伝するといわれますが、それはメラニン色素が髪の毛に色を付けにくい体質が遺伝するためだと考えられています。


髪が染まりにくいわけではないので、白髪染めを使うことによって髪色を補うことは可能です。


それ以外に、白髪の要因としてはストレスも影響します。
これは、ストレスを感じることによって頭皮の血管が収縮し、メラノサイトの活動を妨げることが原因です。
そのため、ストレスの多い生活をしていると徐々に白髪が増える可能性は考えられます。
漫画などで見られる、「何かのショックで一夜にして髪が真っ白になる!」というのは、極度のストレスが髪に影響を与えることをかなりオーバーに表現したものと言えるでしょう。


また、生活習慣が原因で白髪になることもあります。不規則な食生活や睡眠不足が続くと、頭皮に十分な栄養が行きわたりません。
その結果、、メラノサイトの衰えやメラニンの生成不良になりやすく、白髪の要因となってしまうのです。

白髪を予防するためには、規則正しい習慣や、十分な栄養、活性酸素を除去する抗酸化作用のある成分を摂取するなど、健康的な生活が必要不可欠。


また、「白髪を抜くと増える」と耳にした事があると思いますが、結論から言うと、


「抜いても増えません」し、「抜いても白髪が生えるだけ」ですし、「下手したら生えてこなくなり」ます。


そのかわり、毛を抜くという行為には別のリスクが伴います。毛を抜くことで、毛穴周辺の皮膚や毛細血管に傷がつき、毛嚢炎など、頭皮の炎症を起こす可能性があります。また、髪の毛を作り出している毛母細胞が、毛を抜くことでダメージを受け、髪の毛が生えてこなくなることもあるのです。つまり、白髪を抜く行為は、白髪を増やす以前に、髪そのものを薄くしてしまうというリスクに繋がっていたのです。


自己判断は禁物です。薄毛に悩みたくないのであれば、白髪を抜く行為はやるべきではないですね(汗)



白髪染めの種類



・ヘアカラー


髪の表面のキューティクルをアルカリ剤で開き、そこから染料が髪の内部に入りメラニン色素をブリーチ(脱色)すると同時にヘアカラー剤の色素を入れて発色させる原理です。この為にカラーリングは髪が傷むと言われているのです。色持ちは約1〜2ヶ月維持出来ます。


また、黒髪用と白髪染めでは何が異なるのか。


基本原理は同じですが、黒髪用のヘアカラーは、メラニン色素のある髪を明るい色に染めることを目的に作られています。
このため、色を抜くための「ブリーチ力」が高く、色を着けるための「染毛力」が低いのが特徴です。
染毛力が低いので、メラニン色素のない白髪を染めることは苦手です。


一方、白髪染めは、黒髪用のヘアカラーに比べて染料の含有量が多く「染毛力」が高いのが特徴です。
仕上がりを明るくしたいか暗くしたいかによって「ブリーチ力」は異なります。
白髪染めは、黒髪と白髪の色味を合わせるような色作りがされていて、染まりやすい黒髪も染まりにくい白髪も、きれいに染めることができるのです。


ブリーチ剤と染料の比率が異なるだけで、ヘアカラーも白髪染めも原理は同じと言うことです。
その上で、適した比率や染める時間などを考慮しないと髪へのダメージは大きくなります。


市販の白髪染めにはその「考慮する」部分に対応できていません。ヘアサロンで白髪染めすると美容師が髪の状態を診断し根元と毛先のカラー剤の比率を変えて染めることができるなど、柔軟な施術ができます。


・ヘアマニュキュア


髪のメラニン色素を脱色(ブリーチ)しないで、髪の表面に染料をコーティングします。
髪の組織を壊さないのでダメージが少ない、コーティングする事により紫外線から髪を守る事に繋がり、またハリやツヤが生まれます。


ただし、染料が頭皮や皮膚に付着すると落ちにくい為、頭皮には付けないで染めます。
逆に言えば染料を頭皮に付けないので刺激がなく安全と言えますね。
毎日、シャンプーをする度に色が落ちていきます。濡れたまま寝ると枕に色移りする恐れがしてがあるので、完全に乾かしてください。


色持ちは約1カ月ですが、黒髪に染めても脱色するわけではないので、ほぼ分からない程度にしか色が染まらない。
ブリーチをされた髪や白髪であれば色は乗ります。



・ヘナ


ヘナは植物の色素で穏やかに染める「草木染め」のことで、植物由来です。
元の髪色に重なって染まる仕組みです。またヘアカラー(化学染料)と染まり方が違います。


ヘアカラーで染める場合、全体をブリーチしながら染めるので白髪も黒髪も馴染んだ感じになります。
しかし、ヘナは植物成分の為、そうはいきません。白髪の部分だけがメッシュ状に染まり、黒髪は色によっては暗く重なります。
これはヘナにブリーチ作用がない為に起こること。ヘナの色選び(濃淡)で失敗しないポイントは、きちんと白髪の割合に合わせて色を選ぶことです。
白髪の割合が少ない方は明るい色のヘナ、白髪の割合が多い方は暗い色のヘナをお選びいただくと、染まりが美しく仕上がります。


純度100%のヘナは染め上がるまでの時間がかなり長い難点がありますが、髪や肌を傷めない、やさしい使い心地で、頭皮に付いても問題ありません。仕上がりは基本オレンジ褐色ですね。



・カラートリートメント

色素を含んだトリートメントを指します。1度では色が入りにくいので数回使用しないといけません。使用することで、染めた髪の退色が目立ちにくくなりますが、常用していらっしゃる方がいざ美容室でカラーリングしようとしても染色原理が違うため、ご希望の色にならないことがあります。

美容師よにく相談することをおすすめします。

・カラーシャンプー


シャンプーの中にカラー剤の色素が入っているものです。カラー優先のシャンプーです。



2、傷みが気になるならサロンで白髪染めしてみましょう


基本的に脱色剤(ブリーチ)は医薬部外品です。髪へのダメージは必須と言えるでしょう。
白髪染めは定期的に行うので、「ダメージの蓄積」にも気をつけたいですね。


市販の白髪染めでホームカラーすれば経済的にも安価ですが、ブリーチ力が強い、希望の色になりづらい、毛先のダメージが進むなどリスクがあります。

したがって、お客様の髪質や状態に合った配合でカラーリングできるサロンカラーが、一番おすすめです。



Dali南発寒店で白髪染めの相談をお待ちしております。

この時期はキャンプなどで海に行かれる方も多いと思います。僕はキャンプ大好き! でも海の潮風・海水でも髪はダメージを受けますので、ダメージヘアのカウンセリングもお待ちしていますよ!

内田 祥章

内田 祥章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内田 祥章は、こんな記事も書いています。

  • 髪のプロが教える「パサパサ髪を改善させる5つの方法」

    髪のプロが教える「パサパサ髪を改善させる5つの方法」

  • 白髪染めでキレイを保つには、やはりヘアサロンが一番。

    白髪染めでキレイを保つには、やはりヘアサロンが一番。

  • 「デジタルパーマってなに?」 従来のパーマとの徹底比較!!

    「デジタルパーマってなに?」 従来のパーマとの徹底比較!!

  • 白髪が気になり始めたらどうしたらいいの?

    白髪が気になり始めたらどうしたらいいの?

  • 札幌にある美容室Daliでヘッドスパが人気な5つの理由

    札幌にある美容室Daliでヘッドスパが人気な5つの理由

  • Dali札幌のエイジングケアを必ず成功させる5つのポイント

    Dali札幌のエイジングケアを必ず成功させる5つのポイント

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2021 Dali発寒南店 All rights reserved.

"